MRとして転職するとき、転職サイト(転職エージェント)を活用するのが一般的です。

かつてはコネによる転職が存在したものの、現在では紹介による転職は「書類審査に問題なくパスできる」という利点しかありません。書類選考以降の面接では、その他のMRと同じ土俵で勝負する必要があります。

そうしたとき、会社ごとの特徴や社風を理解したうえで転職に臨みますが、転職サイトを利用している人であると「会社ごとにどのような対策をすればいいのか」まで含めてアドバイスしてくれます。

さらには年収交渉を含めて有利に勤務条件を設定してくれるため、結果として転職エージェントを活用した方が、よりよい転職を実現できます。大企業を相手に年収や勤務地、福利厚生などを自分一人だけで対応するのは現実的ではないため、転職サイトの活用が必須になるのです。

転職サイト利用の注意点

このときの注意点として、必ず複数の転職サイト(2~3社)を利用するようにしましょう。転職サイトによって保有する求人は大きく異なりますし、担当の転職エージェントとの相性もあります。ミスマッチを防ぐためには、複数の転職サイトへの登録が必要です。

もちろん、未経験者MRの場合は転職サイトの選択肢が限られます。ただ、経験者MRの場合は一つだけの登録を避け、複数の転職サイトを活用して良い求人を発掘するようにしましょう。

そうしたうえで、転職エージェントごとの特徴や違いを理解して活用しなければいけません。

まず、MR BiZは現役MR(離職中の場合は前職がMR)の転職に特化したサービスを提供しています。「35歳以下のMR経験者」という条件は必要ですが、MR経験者の転職に特化しているため、製薬会社だけでなくCSOや医療機器など異業種への転職を考えている人も登録が必須といえます。

また、DODA(デューダ)MRも現役MR(離職中の場合は前職がMR)の転職に特化しています。DODAの場合、MR経験者であれば36歳以上の転職者であっても支援してくれます。MR経験者であれば受け入れているため、MR認定資格の保有者は全員が登録して利用するべき転職サイトです。

なお、マイナビエージェントは未経験者MR(これからMRを目指す人)であっても利用できる転職サイトです。登録には「20代・30代の人」という条件はありますが、MR未経験者であっても登録できます。経験者MRの場合、DODAと合わせて登録しましょう。

リクルートエージェントであれば、条件に関係なく誰でも登録可能です。運営会社がリクルートなので大企業の求人が多く、製薬会社を含めあらゆる求人が存在します。未経験者MRはマイナビエージェントと一緒にリクルートエージェントを活用しましょう。経験者MRであっても異業種を目指す場合は必ず活用すべき転職サイトです。

MR BiZ

経験者MR、製薬会社に特化した転職サービス

製薬会社やCSO(コントラクトMR)など、製薬業界でMRが転職するときに最も優れた転職サイトがMR BiZです。内資系や外資系を含めてもっとも求人が多く、MRの転職に特化しているので条件にあった転職を実現できます。

そのため、例えば「勤務地限定のMRとして働きたい」「管理職MRの求人はないか」「オンコロジーMRを経験したい」などを含め、MR業界での転職であれば難しい案件も問題なく取り揃えています。

また、MR BiZでは「転職ネゴシエーション」というサービスを提供しています。これは、あらかじめ希望の求人条件を登録しておくことにより、条件にあった求人が出てきたときに知らせてくれるというサービスです。

求人はみずものであり、いつ最適な求人が出されるかわかりません。そのため、先にMR BiZへ登録して転職ネゴシエーションのサービスを活用すれば、ピッタリの求人が出たときすぐに申し込めるようになります。

半年から3年先など長期的なスパンの転職であっても問題なく情報を提供してくれるため、早めに登録してあなたが希望する求人情報を受け取ることができるといいです。

ただ、MR BiZのデメリットとして「転職サイトを利用するときに年齢制限がある」ことがあげられます。年齢は35歳以下であり、MR経験者(離職中の場合は前職がMR)である必要があります。未経験者MRは登録不可です。

しかしながら、MR経験者であればCRA(臨床開発モニター)や医療機器、保険営業など異業種への転職へは対応しています。

製薬会社やCSOを含めこれらの企業と最も強いつながりをもっている転職エージェントがMR BiZであるため、35歳以下で転職を検討しているMR経験者は必ず利用するようにしてください。

条件 概要
登録条件 35歳以下&現職MR(離職中の場合は前職がMR)
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ×:MR未経験者は登録不可

 

DODA(デューダ)MR

特殊な求人を集めるMR専門の転職サイト

現職MR(離職中の場合は前職がMR)の人に向けた転職支援を行ってくれるのがDODAです。新薬メーカー、CSO(コントラクトMR)、ジェネリックメーカーを含めMR BiZにはない特殊な求人も取り扱っているため、MR経験者はMR BiZと併用して活用する必要があります。

基本は現職MRが対象ですが、「結婚を機に退職しているがMRへの復帰を望んでいる」「何らかの理由でMRを辞めて他の会社で勤務しているが、MRへ戻りたい」など、離職中の場合は前職がMRの人であっても登録できます。この場合、MR認定資格が失効していないことが条件になります。

いずれにしても、コントラクトMRを含め、MRを経験したことのある人(ただし、MR認定資格を失っていない人)であればDODAを利用できます。

また、MR経験者であれば「MRから異業種への転職を検討している人」であっても年齢制限なく受け入れてくれます。

例えば女性MRの場合、将来の結婚・出産を見据えていまのうちにCRA(臨床開発モニター)への転職を行う人は多いです。他にも、医療機器の営業を目指す人もいます。そうした異業種への転職についても、MRを経験したことのある人であれば登録できます。

その反対にMR未経験者はDODAに登録できないというデメリットがあります。登録条件に「MR経験のある人」が存在し、MR未経験者は登録できませんが、MR転職に特化した30年以上の実績がある会社がDODAです。

条件 概要
登録条件 現職MR(離職中の場合は前職がMR)
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ×:MR未経験者は登録不可

 

マイナビエージェント

MR未経験者でも受け入れ可能な転職サイト

経験者MRだけでなく、未経験者MRであっても転職支援してくれる会社がマイナビエージェントです。20代や30代で未経験からMRを目指す場合、登録必須の転職サイトです。

未経験からMRを目指す場合、多くはCSO(コントラクトMR)からキャリアをスタートさせます。そのままCSOで活躍してもいいし、そこから新薬メーカーへの転職を目指しても問題ありません。

未経験者からMRを目指す人は多いです。MR未経験者はMR BiZやDODAを活用することはできませんが、マイナビエージェントであれば問題ありません。

それでは、経験者MRは登録する必要がないのかというと、そうではありません。マイナビエージェントだけが保有する求人は多数存在します。そのため、経験者MRであってもマイナビエージェントも並行して活用すると、より確実な転職を実現できます。

特にMRから異業種を目指す人の場合、MR BiZやDODAへ並行してマイナビエージェントを利用しましょう。

製薬会社に限らず、マイナビエージェントには幅広い求人が存在します。一つの選択肢に捉われず、あらゆる可能性の中からMRとしての経験を活かせる職場を検討する必要があります。もちろん、マイナビエージェントでも製薬会社の求人を数多く取り揃えています。

なお、マイナビエージェントでは登録した後に転職サイトのコンサルタントと個別に面談を行います。地方に住んでいたり、忙しかったりする場合は電話面談でも問題ありません。そこから、応募書類の準備から面接対策までの転職サポートを受けることができます。

条件 概要
登録条件 20代、30代の人
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ○:MR未経験者であっても受け入れ可能

 

リクルートエージェント

あらゆる分野の大企業求人を保有する

リクルートグループの転職エージェントであるため、リクルートエージェントは製薬業界に限らず幅広い求人を取り揃えています。転職を検討している人であれば、リクルートエージェントはどのような人であっても受け入れています。

MR未経験であっても登録でき、これからコントラクトMRを目指す人であれば、マイナビエージェントと共に活用するようにしましょう。

未経験の状態からMRを目指すとき、一つの転職サイトだけに登録するのは不十分です。マイナビエージェントとリクルートエージェントの2社に登録することで、ようやくあらゆる求人を網羅できるようになり、転職で成功しやすくなります。

また、年齢が高かったり異業種への転職を検討していたりするMR経験者の場合、他の転職サイトと並行してリクルートエージェントを活用するようにしましょう。リクルートエージェントは製薬会社に限らず大手企業の求人をたくさん保有しているため、その中から選ぶことができます。

たとえMR経験者であっても、転職先を製薬会社だけで考えていては、良い転職を実現できないことがあります。

例えば私の場合、過去にMRとして転職したときは「新薬がたくさん出る大手製薬会社に転職したい」と考えていました。ただ、転職エージェントのコンサルタントから「CSO(コントラクトMR)という選択肢もある」といわれ、CSOの求人を勧められて実際にエントリーしたことがあります。

一つの考え方に凝り固まっていては自分の可能性を狭めるだけです。MR経験を活かして活躍するためにリクルートエージェントを活用し、求人へ応募してみてください。

条件 概要
登録条件 どのような人でも応募可能
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ○:MR未経験者であっても受け入れ可能

MRが活用すべき転職サイト

それでは、MR経験者やMR未経験者が転職するとき、どの転職エージェントを活用すればいいのでしょうか。

これについて、人によって状況が異なります。人が違えば最適な転職サイトが異なるため、以下で利用すべき転職サイトをパターン分けしていきます。

なお、前述の通り転職で失敗しないコツは複数の転職サイト(2~3社)を活用することなので、いくつかの転職サイトを用いて理想の求人へ応募するようにしましょう。

転職エージェント名 MR BiZ DODA マイナビ
エージェント
リクルート
エージェント
MR経験者:35歳以下
MR経験者:36歳以上 ×
※30代は可
未経験者:MR経験なし × ×