MRとして転職するとなると、どのような時期に転職すればタイミングが良いのか気になる人がいます。転職しやすいタイミングで求人を探すほど、良い条件の求人を見つけやすく理想の転職を実現しやすいからです。

そのため、MR転職では転職時期やタイミングについて考えなければいけません。

ただ、むやみに転職ばかりしていてはいけません。いくら転職の時期が良かったとしても、「あなたの転職回数が多い」など製薬会社にとって不安材料があるとどれだけ良いタイミングであっても不採用になってしまうことがあります。

そこで、転職時期やタイミング、さらには転職回数についてどのように考えればいいのかについて確認していきます。

転職活動を始める最適なタイミングを知る

まず、製薬会社やCSO(コントラクトMR)で働くとき、一般的にどのような時期での入社が多いのかを知る必要があります。これには、4月と10月があります。4月と10月では、多くの企業で転勤などを含めた異動が起こります。

たとえ中堅製薬会社であったとしても、世間一般的には大企業であることがほとんどです。そのため、どの製薬会社も4月と10月に異動があります。

異動によって会社内を編成するということは、この時期に会社を退職する人も多くなることを意味しています。社内体制が変わるタイミングで退職し、他の会社へ転職する人が大幅に増えるのです。また、製薬会社もこうしたことを理解しているため、それに備えて4月と10月の前は求人数を増やします。

他には、4月や10月と同様に求人が増加する月があります。それは、1月と7月です。

多くの会社は12月と6月にボーナスを支給します。そこで、ボーナスを受け取った後に他の会社へ転職するのです。いわゆる、ボーナス転職と呼ばれるものです。

ボーナス転職によって12月や6月に会社を辞めて転職する場合、1月や7月に入社することになります。ボーナスの支給時期は会社によって異なりますが、多くの会社が12月と6月にボーナスを支給することから、転職市場では必然的に1月と7月の入社が多くなってしまうのです。

つまり、他の一般企業であっても共通ではありますが、製薬会社では1月・4月・7月・10月での入社が多くなると考えてください。

転職では1~2ヵ月ほどかかる

こうしたことを理解したうえで、どの時期に会社を退職し、どのタイミングから転職活動を開始すればいいのかを逆算するようにしましょう。

転職サイト(転職エージェント)へ登録して求人を見たり、履歴書や面接対策を考えたりする期間を考慮すると、多くの人は内定まで1~2ヵ月ほどの時間が必要になります。そのため、例えば10月での入社を目指す場合、8月までには転職サイトへ登録して求人を見ておかなければいけません。

たとえあなたにとってMR活動が忙しい時期だったとしても、多くの求人が出されるタイミングで転職活動を開始すると、たくさんの求人の中から選ぶことができます。

それに対して、あまり求人が出されない時期も存在します。それは、入社のタイミングが「長期休みのある月」となっているケースです。例えば、GW(5月初め)やお盆(8月中旬)、年末(12月末)は日本中がお休みモードに入り、会社の業務も停滞しやすいです。こうした時期での入社は求人数が少ないです。

ただ、休みを過ぎれば求人が再び多くなり、転職市場は活発になります。実際、12月入社の求人は少なくても、ボーナス転職の影響もあって1月入社の求人は非常に多くなります。

新薬発売の時期を狙う

ただ、新薬メーカーであると「社内編成がある時期(4月と10月)」など、求人が増えやすい月とは関係なく多くの求人募集を出すときが存在します。それは、「新薬の発売にあわせて多くのMRを採用したいとき」です。

新薬を売りたい場合、新薬メーカーはCSOへ依頼してコントラクトMRを派遣してもらいます。ただ、それと同時にMRの人員を増やすために求人を出すのです。コントラクトMRを活用しない製薬会社も存在するため、こうした製薬会社では経験者MRを中途採用することで新薬を販売しようとします。

どの製薬会社がどのような新薬を出すのかについては、事前に調べることができます。新薬が承認された後、実際に発売されて市場に出回るようになるには時間が必要なため、経験者MRとして活動していれば「あの新薬メーカーは中途採用のMR求人を増やしているかもしれない」と予測することができるのです。

「あなたが転職したいと考えている新薬メーカー」がこれから新薬を出すことを予定している場合、転職エージェントなどを通じてアプローチしてみてください。経験者MRとして、問題なく転職できる確率が高まります。

新薬発売でのタイミングで転職するとなると、経験者MRは「ぜひ御社の新薬をプロモーションしたい」という志望動機が成り立つため、退職理由を含め履歴書や面接を通して内定をもらいやすくなります。

なお、転勤など社内編成がある時期や新薬発売のときに製薬会社が求人を増やすのと同じように、そうした時期ではCSO(コントラクトMR)への仕事依頼も増えます。そのため、コントラクトMRへ転職したい場合であっても、求人が出やすいタイミングを狙うといいです。

未経験MRが考えるべき転職活動のタイミング

ただ、未経験者MRでは「新薬販売のタイミングで増える求人募集」についてはあまり関係ありません。まず、製薬会社では未経験MRの求人をほとんど出しません。CSO(コントラクトMR)であっても、新薬販売に伴う採用増では即戦力が欲しいため、経験者MRを募集します。

未経験の場合、採用後に入社した後は研修を行ったりMR認定資格を取るために教育したりしなければいけません。MRとして活躍できるまでに時間がかかるため、いますぐMR要員がほしいときの求人は出さないのです。

しかし、転勤・退職などによって転職市場が動きやすい時期(1月・4月・7月・10月)は同じなので、どのような人であってもこのタイミングで転職すると内定をもらいやすくなります。

早めに転職活動を行う意義

このように、製薬会社やCSOが求人をたくさん出す時期はある程度決まっています。そこで、転職サイト(転職エージェント)へ登録するなど、転職活動の準備は早めにすませておくようにしましょう。転職準備が遅ければ、それだけ採用が難しくなってしまうからです。

たくさんの人を採用したい場合、新薬メーカーは「MR経験2年以上」「新薬経験のある人が必須」などのように、最初は緩い条件で求人を出します。

ただ、求人を出して既に何人もの内定を出し、充足してくるようになると「製薬会社側がほしいと考えているMR」が絞られてきます。

MRによって、それまでの経験やスキルが違います。大学病院や基幹病院へPR活動をしてきた人がいれば、循環器領域でMS(医薬品卸の営業)と主に協力しながら活動してきた人もいます。

そこで、製薬会社やCSOはその人の強みを認識した後、「この内定者はあのプロジェクトに配置しよう」と考えるようになります。そうして人員が充足していくと、空いているポストが少なくなります。その結果、「免疫領域に特化して経験者MRであり、特に関節リウマチに詳しい人がほしい」などのように求人が限定されてくるのです。

これと同じことは、勤務地でも同様です。経験者MRであれば、最初の勤務地だけは希望を聞いてもらえることがあります。CSO(コントラクトMR)であっても、勤務地限定の案件が存在します。

ただ、勤務地限定の求人について、他の人に内定が出れば当然ながらその求人はなくなってしまいます。そこで、あなたの希望勤務地が埋まる前に早めに転職準備を進めなければいけません。

MRがいまの会社を退職し、転職するときの注意点

他の会社へ転職するとき、いまの会社を退職しなければいけません。このとき、退職の意思を上司や人事に伝えるタイミングを間違えてはいけません。

法律上では、退職の意思を明らかにして14日(2週間)が経過すれば、問題なく退職できるようになっています。ただ、いくら法律ではそのようになっていたとしても、実際のところ14日前など急に退職を告げられると上司や人事は驚いてしまいます。

退職するにあたって、引き継ぎなど必要な手続きをすませなければいけません。こうしたことを省いた状態で他の会社へ異動するとなると、少なくとも良い印象は与えられません。

特に経験者MRが他の製薬会社のMRやコントラクトMRとして転職する場合、同じ業界で働くことになります。このとき、狭い業界なので悪いうわさがすぐに広まってしまう可能性があります。そうしたことを防ぐためにも、退職の意思は1ヵ月以上前に伝えるようにしましょう。

年齢によるタイミングも考慮する

転職するとき、求人が多く出される時期だけでなく年齢で転職のタイミングを考えることも重要です。

経験者MRが他の製薬会社やCSOへ転職するとき、30代であっても問題ありませんが、40代では少し厳しくなります。ただ、30代後半や40代で転職するときはマネジメント経験が求められるため、こうした経験や成果を提示することによって管理職として転職することも可能です。

また、MRから異業種へ転職するときは20代まで(遅くても35歳まで)にしておく必要があります。そのため、場合によっては「求人が多く出される時期」に関係なく、いますぐ(年齢の若いとき)に転職サイトを活用して求人を見始めた方が良いケースが存在します。

転職回数が多いMRは転職できるのか

ここまで述べてきたことを考えながら、転職活動を進めていきます。ただ、中には年齢的に若くMRとしての経験があり、転職の時期やタイミングが問題ないにも関わらず転職が難しい人がいます。それは、転職回数の多い人です。

なぜ、転職回数が多いと不利になるのかというと、求人先の企業(製薬会社やCSOなど)はあなたに長く働いてもらいたいと考えているからです。転職回数が多かったり、1年ほどの在籍期間しかなかったりすると「この人は同じ会社で長く働くことができず、転職を繰り返すのでは」と思われてしまいます。

人を採用するためには、それだけ労力が必要です。製薬会社側としては、研修やOJTによってMRとして成長させなければいけませんし、中途採用で即戦力を求めている場合であってもある程度の教育は必要です。

こうした事情があるため、転職回数の多い人であるほど採用で不利になります。

転職回数は何回まで許されるのか

転職をした後、2年以上は同じ会社で働く必要があります。そうでなければ、「この人はすぐに仕事に飽きてしまい、私たちの会社に転職しても短期間で離職してしまうのでは」と考えられてしまいます。少なくとも、直近1年以内での転職はよほどの理由がない限り書類選考に通過することはありません。

それでは、実際のところどれだけの転職回数であれば問題ないのでしょうか。

2年以上は働いた後に転職すべきことを考えると、20代のうちに既に3社(転職回数は2回)を経験している人の場合、製薬会社やCSOに限らずあらゆる企業においても受け入れられるのは難しいといえます。

一方、同じように過去2回の転職を行い、3社を経験している人であっても、年齢が30代半ばや30代後半でありMRとしてのスキルや経験も豊富な場合は問題なく面接に進み、内定をもらうことができます。それでは、実際のところどれだけの転職回数であれば問題ないのでしょうか。

要は、短い期間で転職を繰り返している人の場合、人間性に疑問をもたれてしまいます。ただ、同じように転職回数が多かったとしても、長く勤めている会社があったり十分な成果を出していたりする場合、転職時に不利になることはないということです。

転職回数は多いが、会社を変えたいときの対処法

ただ、転職を何度も経験しているものの「いまの会社や上司との方針がどうしても合わない」「転勤によって他の県へ異動することになったが、転勤先が受け入れられないので転職したい」など、どうしても会社を変えたい場合があります。そうしたとき、どのようにすればいいのでしょうか。

一般的には、20代での転職回数が2回(3社を経験)、30代では転職回数が3回以上(4社以上を経験)であると転職が難しくなるといわれています。

転職回数が多いと、履歴書や職務経歴書で「退職理由について述べる」「これまでのキャリアとの一貫性を語る」ときに困ってしまいます。面接では必ず退職理由や志望動機を聞かれるため、このときの回答に詰まってしまうのです。

そこで、転職回数の多い人では「一社当たりの退職理由を30秒以内で話せる」ようにまとめておきましょう。退職するときの理由は人によってさまざまですが、転職を考えるようになったキッカケを短く話せるようにしておくのです。

また、ネガティブな発言は行わず、必ず前向きな言葉を述べる必要があります。

「結婚後に転職したが、以前の職場は育児に理解がなかった」「学びの少ない会社であり、将来性に疑問を感じた」などを退職理由にしてはいけません。そうではなく、「前向きな理由で退職し、御社であれば自分の考えを実現できる」と述べるようにしましょう。

転職回数が多くても、場合によってはメリットになる

一般的には、転職回数が多いことは大きなデメリットになります。ただ、多くの職場を経験しているということは、それだけ他の人にはない「たくさんの会社を見ているため、転職先の会社について客観的な判断ができる」ということでもあります。

例えば、エリア制の製薬会社でずっと働いている人の場合、「専門領域制で一つの分野に特化した状態でどのように医師に対してアピールすればいいのか」についてすべて知っているわけではありません。

一方で多くの会社で経験するとなると、それだけ異なる社内システムの中で働いた経験があることになります。そこから、「どのような会社システムであれば成果を出せるのか」「MRとして実績を出しやすい営業スタイルは何か」を含めて語ることができます。

何も考えず、単に転職回数が多い場合は転職するのは難しいです。ただ、何か目的があって結果として転職回数が多くなってしまったのであれば、退職理由を整理することで素晴らしい志望動機につなげることができます。

「MSと協力し、クリニックの医師をまわるよりも、大学病院など学術的な情報提供の方が自分にピッタリだということがわかった」という人がいるかもしれません。

その反対に「人間関係の構築が得意なので、基幹病院を含め単なる情報提供で薬の仕様を判断してもらうのではなく、人間力を含めた営業を行える診療所担当のMR活動を得意とすることがわかった」というMRもいるでしょう。

人によって経験が異なり、強みも違います。こうしたことについて、何度も転職を繰り返すことで理解することができ、次の転職先では大きく貢献できることをアピールしましょう。

長く勤められる根拠を述べる

そのため、次の転職では長く勤められることを述べなければいけません。

先ほどのように「自分の得意とする営業スタイルをようやく確立できた」という理由でもいいし、「結婚して子供がおり、勤務限定で働けるコントラクトMRとして働き続ける」でもいいです。いずれにしても、根拠をもって長く勤務できる理由を述べるようにしましょう。

適したタイミングを理解し、希望する企業へ転職する

このように、MRが転職するときは適切な時期やタイミングが存在します。このときは年齢を考慮しなければいけませんし、転職回数についても考えなければいけません。これらを総合的に判断した上で、早めに転職活動の準備を進める必要があります。

このとき、多くのMRが転職活動時に転職サイト(転職エージェント)へ登録しますが、専門家の力を活用しながら求人を確認していきましょう。

そして実際に転職活動を行うとき、面接日はきちんと休みを取った上で臨む必要がありますが、MRは有給休暇を取りやすいです。日々の業務は忙しかったとしても、1日有給休暇を取得するのは何も問題ないのです。得意先を毎日訪問するわけではないため、異業種に比べるとMRは転職活動を行いやすいです。

そこで、これまでの実績や経験、スキルをできるだけ洗い出し、履歴書や職務経歴書をしっかりと書き、面接に臨むようにしましょう。タイミングを見計らって転職することにより、内定をもらえるようになります。


MRが転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人で求人活動を進めた場合、頑張っても1~2社へのアプローチに終わってしまいます。さらに、自分だけで労働条件や年収、勤務地の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに依頼すれば、これまでの企業とのつながりから最適の求人を選択できるだけでなく、あなたに代わって年収や福利厚生を含めてすべての交渉を行ってくれます。

特に製薬業界の場合、情報を表に出せないので非公開求人となっていることがほとんどです。そのため、MRの転職では転職サイトの活用が必須です。

ただ、転職サイトによって「外資系に強い」「中小の求人が多い」など特徴が異なり、保有している会社の求人が違ってきます。そのため複数の転職サイトを利用する必要があります。

以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれ転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができるようになります。

注目の人気記事

・転職サイトを活用したMR転職の体験談

MRとして活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・営業成績が優れたトップMRとして活躍する秘訣

同じようにMRで働くのであれば、営業成績の高いトップMRとして活躍する方が良いです。トップMRの行動を真似すれば、大きな成果を出せるようになります。実際に2500人の中で1位の成績になったMRを取材したため、その内容を記します。

トップMRになる方法

・転職エージェントを活用し、MR転職で成功する

MR転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・MR転職サイトのお勧めランキング

MRの転職サイトはそれぞれ特徴があります。「35歳以下でしか応募できない」「MR経験者のみ応募可能」「MR未経験者でもOK」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

→ お勧め転職サイトランキング