当サイトは製薬会社MRに特化した求人・転職サイトです。MR業界は転職が非常に多く、人の動きが活発です。そこで、どのように良い求人を見つけて転職すればいいのかについて情報発信しています。

もちろん、良い転職を実現するためにはMRとして営業成績を残す必要があります。そこで、トップMRとして活躍する秘訣も含めて確認していきます。

MRの求人・転職の人気ランキング

当サイトが掲載しているMR転職サイトの人気ランキングです。転職サイト(転職エージェント)によって特徴が大きく異なるため、どの転職サイトが良いのか必ず確認してください。

MR BiZ

経験者MR、製薬会社に特化した転職サービス

製薬会社やCSO(コントラクトMR)など、製薬業界の中でMRが転職するときに最も優れた転職サイトがMR BiZです。内資系や外資系を含めてもっとも求人が多く、MRの転職に特化しているので条件にあった転職を実現できます。

そのため、例えば「勤務地限定のMRとして働きたい」「管理職MRの求人はないか」「オンコロジーMRを経験したい」などを含め、MR業界での転職であれば難しい案件も問題なく取り揃えています。なお、CRAや医療機器などMRから異業種への転職であっても可能です。

条件 概要
登録条件 35歳以下&現職MR(離職中の場合は前職がMR)
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ×:MR未経験者は登録不可

 

DODA(デューダ)MR

特殊な求人を集めMR専門の転職サイト

現職MR(離職中の場合は前職がMR)の人に向けた転職支援を行ってくれるのがDODAです。新薬メーカー、CSO(コントラクトMR)、ジェネリックメーカーを含めMR BiZにはない特殊な求人も取り扱っているため、経験者MRはMR BiZと併用して活用する必要があります。

また、MR経験者であれば「MRから異業種への転職を検討している人」「年齢が36歳以上の人」であっても受け入れてくれます。登録条件に「MR経験のある人」があり、MR未経験者は登録できませんが、MR転職に特化した30年以上の実績がある会社です。

条件 概要
登録条件 現職MR(離職中の場合は前職がMR)
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ×:MR未経験者は登録不可

 

マイナビエージェント

MR未経験者でも受け入れ可能な転職サイト

経験者MRだけでなく、未経験者MRであっても転職支援してくれる会社がマイナビエージェントです。20代や30代で未経験からMRを目指す場合、登録必須の転職サイトです。

また、マイナビエージェントだけが保有する求人は多数存在します。そのため、経験者MRであってもマイナビエージェントも並行して活用すると、より確実な転職を実現できます。

条件 概要
登録条件 20代、30代の人
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ○:MR未経験者であっても受け入れ可能

 

リクルートエージェント

あらゆる分野の大企業求人を保有する

リクルートグループの転職エージェントであり、製薬業界に限らず幅広い求人を取り揃えています。MR未経験であっても登録でき、これからコントラクトMRを目指す人であれば、マイナビエージェントと共に登録する必要があります。

また、年齢が高かったり異業種への転職を検討していたりするMR経験者の場合、他の転職サイトと並行してリクルートエージェントを活用するようにしましょう。リクルートエージェントは製薬会社に限らず大手企業の求人をたくさん保有しているため、その中から選ぶことができます。

条件 概要
登録条件 どのような人でも応募可能
異業種への転職 ○:CRAや医療機器など、MRから異業種への転職サポート可
未経験者 ○:MR未経験者であっても受け入れ可能

MR転職で必要な考え方

MRの転職

トップMRの極意

MR活動の源泉

製薬会社ごとの特徴

MRにとって転職はキャリアパスの一つである

一般的な職業に比べて高年収を実現でき、有給休暇の取得を含め休みを取りやすい職業としてMRがあります。製薬業界は全体的に年収が高く、その中でも最も高年収なのがMRです。

MRにとって、転職は自分にとってより良いキャリアパスを実現する一つの手段です。

実際、MR業界は転職が多いです。私がMRとして働いているなか、転職して他の会社へ移っていった同僚は数多くいます。また、同じエリアで活動していた他社MRがいつの間にか転職し、同じ会社のMRになっていたこともあります。

人によって転職理由は異なます。「高年収を実現したい」「転勤なしの会社がいい」「MRではない、異業種で活躍したい」など、それぞれ考えていることが違うのです。

ただ、転職は何度も行うものではないため、どのように求人を確認して転職を実現すればいいのか分かりません。そこで、MRの方へ向けて転職の仕方について当サイト内で解説しています。

私(管理人)もMRとして転職経験がある

なお、私自身もMRとして働き、転職した経験があります。私は文系の大学を卒業し、新卒で国内の中堅製薬会社のMRとして入社しました。

小規模製薬会社や中堅製薬会社に勤めているMRの人には理解してもらえると思いますが、これらの会社では新薬がほとんど出ません。新薬の数が少ないため、アピールすべき商品の数が少なく、その結果製品知識が偏りがちになります。

40代や50代のベテランMRであれば、1~2つほどの製品知識だけで勝負すれば問題ないため、楽といえば楽することができます。ただ、当時の私は20代でこれから営業力を伸ばし、成長していかないといけない段階でした。

そうした現状をみたとき、新薬候補が非常に少なく会社の成長性に疑問を感じ、入社4年目にして転職を決意することになったのです。

このときは転職サイト(転職エージェント)を5社ほど利用しました。多分、私は転職するにあたって数多くの転職サイトを活用した方だと思います。

実際に転職サイトを利用して思ったことは、複数の転職エージェントを用いた方が良いということです。転職サイトごとに特徴や保有求人が異なるため、そうした中から自分に合う求人を探すことができるからです。

製薬会社は情報を表に出すことを嫌うため、多くは非公開求人です。そのために転職エージェントを利用するのですが、転職サイトごとにもっている求人内容が違うのです。外資系に強い会社があれば、中小に強い転職サイトもあり、こうしたことを踏まえたうえで転職活動を進めていきます。

こうした私の転職経験についても、当サイト内で詳細に述べています。

<関連記事>
転職サイト(転職エージェント)を活用したMR転職の体験談

MRで転職を検討する人がいる理由

前述の通り、MRは転職する人の多い業界です。それでは、他の人はどのような理由で転職するのでしょうか。

転職理由は人によってさまざまです。「他社MRとして活躍したい人」「内勤に移りたい人」「実家を継ぐために地元に戻りたい人」など多種多様な人がいます。ただ、多くは以下のような理由に集約されます。

自分の可能性を広げ、新たな挑戦をしたい

いまの会社から与えられる仕事に満足せず、転職によって新たな挑戦をすることを目指す人がいます。

私は内資系の中堅製薬会社から大手製薬会社へ転職しましたが、私の場合はこれに該当します。新薬が次々と発売されるメーカーに身を置き、高い営業力をもつ同僚に囲まれてMRとしての能力を磨くことを考えたのです。

また、それまで経験したことのない領域を目指すことも新たな挑戦だといえます。

例えば、オンコロジー(抗がん剤)は誰でも経験できる領域ではありません。オンコロジーMRは高い専門性を必要とすることから、MRの担当として「オンコロジー領域」と「それ以外の領域(プライマリー領域)」を分けている製薬会社が多いです。

そうしたとき、オンコロジーMRを経験するために転職する人がいます。このときは新薬メーカーを探すことがあれば、CSOのコントラクトMRとしてオンコロジーMRを目指すこともあります。

<関連記事>
オンコロジーMRへ転職できる人の条件や年収、求人の見方

年収アップを実現したい

MRはもともとの給料が高めに設定されています。ただ、中にはより大きな年収アップを目指して転職するMRがいます。

製薬会社の中には、転職時の年収を決めるときに「前職の年収を参考に給料が決定される」という会社があります。こうした製薬会社の場合、前職の年収が低いと、同世代の同僚よりもかなり低い年収で入社してしまうことがあります。

転職エージェントを介せばこうした失敗を防げるものの、独自の力でMRになった人はこのような失敗をしやすいです。そこで、何らかの事情によって年収が低い場合、転職エージェントを通じて他の製薬会社MRとして転職しなおすことで、適正レベルの年収を実現しようと考えます。

また、製薬会社によってはどれだけ営業成績が高くても、ボーナスにそこまで反映されないことがあります。そうしたとき、優れた営業成績を残せる人であるほど、他の会社のMR求人へ応募して転職し、高年収を実現するように考えます。

なお、このときは提示される年収額だけでなく、福利厚生や日当、ボーナスなどを含め総合的に判断するようにしましょう。MRは日当を含めさまざまな手当てがあるため、これらを含めた額で求人を比較検討する必要があります。

<関連記事>
MR転職で給料・年収アップを実現し、キャリアを築くには

勤務地限定を目指したい

MRが転職を検討するとき、転職理由の上位には常に勤務地の問題があります。MRは全国転勤が基本です。独身の人であれば問題ありませんが、既婚者では単身赴任になったり、家族と一緒に移動したりしなければいけません。

特に女性MRであると、結婚している状態での単身赴任は考えられません。こうした問題があるため、勤務地限定を目指すために転職を検討する人は多いです。

それでは、現実的に製薬会社のMRで勤務地限定を実現できるのかというと、実際は簡単ではありません。ただ、方法によってはMRでの勤務地限定が可能です。例えば、「関東地方のなかであれば転勤可能」などのように、広い範囲での勤務限定を行うのです。

また、コントラクトMRを目指すという方法もあります。CSOによって方針は異なりますが、経験者MRであればコントラクトMRによって勤務地限定を実現できることがあります。

他には、内勤・事務職を含め異業種へ転職するという方法もあります。MRの経験を活かし、それ以外の道を歩むことで転勤なしの職に就くことができます。

<関連記事>
転勤なしを実現する、勤務地限定のMR転職は可能なのか
新薬メーカーの経験者MRからコントラクトMRへ転職する人の理由
内勤・事務職へMRが転職を果たすには

MRとして復帰したい

退職したり他の職業に就いたりしたものの、MRとしての復帰を目指す人もいます。例えば、女性であれば結婚や妊娠・出産によって会社を辞めることがよくあります。こうしたとき、やはりMRとして活躍したいと考えて復帰する人がいます。

また、同じ会社(または別会社)でMRとは異なる仕事をしていたり、留学していたりして営業から離れているという人もいます。「いまは学術系の仕事をしている」「起業のため、他の会社で過ごしていたがMR復帰したい」「留学が終わり、再びMRとして働きたい」など、人によって理由は異なります。

MRとして復帰する場合、MR認定資格の有効期限が切れていないことが条件になります。そのため資格が失効していないかどうかを確認する必要はありますが、こうしたブランクありの状態からMR復帰を目指すケースもあります。

<関連記事>
ブランクありのMRが再びMRで復帰する方法とは

ストレスが多い状況から抜け出したい

ネガティブな理由による転職を考える人もいます。MRは給料が非常に高く、休みを取得しやすいです。ただ、営業職であるため当然ながらノルマ(数字)に常に追われるようになります。

つまり、MRとして働く最大の欠点としては「精神的なストレスが大きい」ことがあります。医師や薬剤師、医薬品卸MS、同じ会社の上司などとの人間関係に悩むようになるのです。

営業職はどれもノルマ達成のために奮闘する必要があるため、MRに限らずどのような営業職であっても大きなストレスがかかります。そのため、営業職である以上は精神的ストレスが大きいのは当然です。ただ、特にMRの場合は他の条件が優れているため、精神的ストレスがクローズアップされやすくなります。

しかし、ストレスによってうつ病を発症してしまい、仕事ができなくなってしまっては意味がありません。その場合、無理をせずにうつ発症前に対策を練るべきだといえます。

その対策法の一つとして転職があります。いまの環境から抜け出し、新たな職場で頑張るようにするのです。このときはMR以外の職業も検討し、年収が下がっても良いと考えて転職するようにしましょう。まずは、自分の体を最優先させることが重要です。

<関連記事>
人間関係のストレスが多いMRがうつ発症前に転職すべき理由

MR以外の異業種へ転職したい

「全国転勤に耐えられない」「ストレスの多い環境を改善したい」という考えから、MR以外の異業種へ転職することを考える人は多いです。このとき、生命保険や医療機器など同じ営業職に就く人がいれば、CRA(臨床開発モニター)など他の職種を目指す人もいます。

MRから他職種へ転職する場合、土日休みを実現することができ、さらには転勤なしも可能です。

薬剤師資格をもっている人であれば、MRから薬剤師へ転職する人が大多数です。ただ、私を含め薬剤師資格をもっていない人の場合、異業種への転職ではどの職業がいいのか慎重に吟味する必要があります。

ただ、このときは年収が大幅に下がることは覚悟しなければいけません。あらゆる業界の中でも、MRはトップクラスの年収を実現できる職業です。同じ給与水準で考えていては、自分が望む未来を叶えることはできません。

他には年収だけでなく、「休日」「勤務地」「ストレスの度合い」などを総合的に考え、優先順位をつけるようにしましょう。そこから、本当に異業種への転職が適しているのかどうかを再確認するのです。

<関連記事>
MRから異業種・他業種へ転職するときの思考法
MRから治験を行うCRA(臨床開発モニター)へ転職するには

未経験からMRを目指す

製薬会社のMRへ転職するとき、「MRからMRへ転職する」「MRから異業種へ転職する」だけでなく、「異業種からMRへ転職する」というケースも多いです。

同じ営業職をするにしても、職業をMRにするだけで圧倒的に年収が高くなり、有給休暇を取得しやすいので自由度が増します。そうした現状があるため、営業職を経験している人でMRを目指す人はかなりたくさんいます。

例えば、MRと似た職業として医薬品卸MSがあります。MSも医師や薬剤師に対して薬を説明して医薬品を売っていく仕事です。ただ、ルート営業で毎日同じ得意先をまわり、基本的にはMR先導のプロモーションなので2番手になります。当然、MRよりも年収は低いです。

そのため、医薬品卸MSから製薬会社のMRになる人は多いです。同じような仕事をするにしても、MSからMRになるだけで仕事の幅が広がり、年収アップを実現できるからです。

私もMRとして働いていたとき、医薬品卸に出向いて何度も打ち合わせをして仲良くしていたMSがいました。ただ、あるときにそのMSは転職し、ジェネリックメーカーのMRになっていたことがあります。

<関連記事>
医薬品卸MSから製薬会社MRへ転職するときの注意点

異業種からMR業界に入る人は多い

もちろん、未経験から中途採用でMRを目指す人では「医薬品業界以外の人」の方が圧倒的に多いです。それまで薬とはまったく無縁であり、文系出身の人が製薬業界の営業職として働くのです。

MRは営業職であるため、医薬品知識というよりも、営業能力の方が重要です。薬の知識は後で勉強すればいいだけなので、まずは営業力がどれだけあるのかが重要視されるのです。

この場合、前職(異業種)での営業経験が2~3年以上あることが条件となります。なお、営業職とはいっても外回り営業をしている必要はありません。例えばアパレル店長など、店舗運営で接客しているケースであっても営業職だといえます。

<関連記事>
未経験者がMRとして転職し、製薬業界で働けるのか
営業未経験からMRへ転職するための戦略
文系がMRで転職し、営業として活躍できるのか
高卒・専門卒で製薬会社のMR求人へ応募し、転職できるのか

年代別の転職理由

ただ、実際に求人票を確認して転職活動をするとき、年代によって活動法が大きく異なります。まず、大前提として転職では年齢が若いほど価値が高いです。新卒一年目の人ではさすがに使い物にならないものの、ある程度の社会人経験がある場合は20代が最も転職しやすいです。

ただ、それ以降は年齢が上昇するにしたがって転職が難しくなると考えてください。そのため、転職するのに一番適した時期は年齢の一番若い「いま」だということを認識する必要があります。

転職への決断が遅くなり、時間が過ぎていくほど転職の機会を逃すことになります。

20代の転職

前述の通り、MRとして転職するときは20代が最も求人先の企業に受け入れてもらいやすいです。ただ、MR経験2年未満の人は転職が難しいため、MR経験3年以上の人が対象になります。

社会人として入社した後、3年未満で会社を辞めて他の会社を探す人のことを第二新卒といいます。MRの場合、第二新卒の中でも2~3年のMR経験がないと、求人先の会社へ応募することができません。

逆にいえば、3年以上の経験年数を積んでいるMRであれば、どの製薬会社であっても受け入れてもらいやすいです。ある程度の経験を積んだ20代というのは、最も転職に適した時期だといえます。

20代の場合、MR以外の異業種へも問題なく転職できます。医療機器やCRAを含め、年齢が若いほどあらゆる職業を選択できるようになります。

<関連記事>
第二新卒を含め、20代MRが他企業へ転職するには

30代の転職

30代になると転職するのが徐々に難しくなります。ただ、それでも30代前半であれば大きな問題になりません。

しかし、35歳を超えると転職が急激に難しくなります。MRに限らず、あらゆる職業で35歳は転職が難しくなる分岐点なのです。35歳以上の場合、求人先の企業はあなたに「管理職の適性があるかどうか」を見ます。

年齢が高いほど要求される能力やスキルが上がります。それを満たす必要があるため、単に営業成績が優れているだけではいけないのです。

また、30代ではMRから異業種への転職が非常に厳しくなります。そのため、少しでも他職種を検討している場合は早めに転職サイト(転職エージェント)に登録するなど、対策を講じる必要があります。

<関連記事>
30代MRが転職するときに注意すべき求人の見方

ベテランMRの転職

40代や50代など、いわゆるベテランと呼ばれるMRで転職を検討している人も多いです。ただ、35歳を超えると転職が難しくなる現状があるため、40代以上になると転職できる人の数は少なくなると考えた方がいいです。

少なくとも、「勤務地限定がいい」などのわがままを言っている場合ではありません。ベテランMRの場合、若い人に比べて高い給料を要求する人が多いものの、実際のところ仕事を覚えるのは遅くなりますし、給料に見合う営業成績を残せる保障もありません。また、柔軟に考える思考も弱くなりがちです。

要は、年齢を重ねるほど扱いづらくなります。こうした現状を客観的に認識し、謙虚な姿勢で臨める人だけが転職で成功します。

例えばベテランMRの中には、オーファンドラッグMRとして活躍する人がいます。それまで長い経験があり、一つの領域に対して深い知識のある人であれば、オーファンドラッグMRで活躍できるようになります。

また、ベテランMRの中には管理職での転職を目指す人もいます。管理職MRの求人はほぼ非公開であるため、この場合は必ず転職エージェントに登録するようにしましょう。管理職MRの求人は少ないですが、管理職経験のあるベテランMRだからこそ実現できる転職もあります。

<関連記事>
40代や50代など、ベテランMRが転職するときの注意点
オーファンドラッグMRとして転職を実現する秘訣
管理職MRが転職し、求人募集へ応募するときの秘訣

企業研究はしっかり行うべき

なお、転職の際は企業研究をしっかりと行うようにしてください。同じ製薬会社であっても、取り扱っている製品や強みをもつ領域、特徴などはまったく異なります。

履歴書や面接などでは、必ず志望動機や退職理由を聞かれます。このとき、求人先の会社のことを調べていないと薄っぺらい志望動機にしかなりません。

そこで、製薬会社へ応募するときは企業ごとの特徴を理解するようにしましょう。

内資系と外資系では企業文化が大きく異なりますし、新薬メーカーとジェネリックメーカーでも違います。また、同じ新薬を取り扱う内資系企業であっても、会社が違えば社風が異なります。こうした違いを理解したうえで求人先へ応募する必要があります。

もちろん、異業種の会社へ応募するときであっても同じような企業研究が必須です。

<関連記事>
製薬会社ごとの特徴
MR転職で理解すべき内資系と外資系での製薬メーカーの違い
ジェネリックメーカーMRへの転職で理解すべき仕事内容と求人

履歴書作成、面接対策を行う

こうした企業研究を実施した後、履歴書を作成したり面接対策をしたりします。

履歴書を書くとき、当たり障りのない文章を書く人は多いですが、これでは書類審査に通過しません。「なぜ、その会社でないといけないのか」「あなたのスキルを求人先の会社でどう活かせるのか」を考慮した上で記載する必要があります。

また、中途採用では履歴書だけでなく職務経歴書の提出も必要です。それまで、営業職としてどのような成績を残し、結果を出してきたのかについて詳しく記す必要があります。履歴書だけではあなたの能力が分からないため、職務経歴書を作成するのです。

こうして書類審査に通過した後は面接が始まります。MRの面接ではよく聞かれる項目がいくつかあります。こうした「よく聞かれる質問」を把握した上で、面接対策を練っておくことが内定を勝ち取るコツとなります。

<関連記事>
MR転職で重要な履歴書の書き方・志望動機を例文から学ぶ
MR転職で必要な職務経歴書での自己PRの書き方と見本
MRの転職面接で聞かれる質問から、採用される自己PR法を知る

転職時に認識すべき点

それでは、実際に転職する際に注意すべきことは何があるのでしょうか。

まず、転職をするときは適したタイミングがあります。どのタイミングや時期で転職するのが望ましいのかについては、人によって多少異なります。ただ、転職市場の中で「採用されやすい適したタイミング」があることは理解しておいてください。

しかしながら、前述の通り年齢が若いほど転職しやすいため、「早めに転職サイトへ登録して非公開求人を確認した方がいい」という大前提は変わりません。

また、未経験者と違って経験者MRであれば「どの製薬会社へ転職するか」「年収や勤務地の交渉はどうするか」「担当はエリア制か専門領域制か」など、条件に応じて会社を選ぶことができます。

これらの条件の中で何を優先すべきなのかを経験者MRは考え、求人先を選ぶようにしましょう。

<関連記事>
MR転職で意識すべきタイミング・時期と転職回数
経験者MRが「他の製薬会社への転職時」に注意すべき求人の見方

女性MRは特に今後の未来を考えるべき

男性であれば、一生MRとして頑張る人がいます。ただ、女性の中である程度の年齢になってもMRを続ける人は珍しいです。そのため、女性MRであるほど早めに自分のキャリアについて見つめなおす必要があります。

このとき、新薬メーカーやジェネリックメーカー以外にも、CSO(コントラクトMR)や学術DI、CRAなどさまざまな職業を検討する必要があります。

MRであると、MR業界の中でしか活躍の場がないと考える人は多いです。ただ、転職エージェントに登録して求人を確認すると、MR経験があれば意外と他業界で活躍できる場が多いことに気が付きます。

ただ、これまで述べてきた通り年齢の若い人であるほど転職のチャンスが広いです。そのため、結婚や妊娠・出産を経験する前に自らのキャリアを見つめなおし、早めに転職する人の方がチャンスをつかみやすいです。

<関連記事>
結婚後や主婦子持ちの女性がMRとして働き続けることは可能か
女性MRに有利なワクチンMRへ転職するための求人の考え方
女性MRがキャリアを積む転職・求人の考え方

MRとして成果を残すべき

ここまで、MRが転職するときはどのように考えて求人先に応募するべきなのかについて確認してきました。ただ、良い転職を実現しようと考えたとき、あなた自身が優れた営業成績を残しているとより好条件での転職を実現できます。

そのため、転職活動をすると同時に「どのようにすればMRとしての成績を向上させることができるか」まで考えてみてください。

もちろん、「ストレスが多いため、うつ病を発症する前に転職したい」など、特殊な事情がある場合は営業成績のことまで考えなくてもいいです。ただ、そうでない場合は自らの能力を高めることが重要です。転職活動と並行して、営業力を高める努力が必須になるのです。

それでは、トップ成績を残すMRは何を考え、どのように営業活動を実践しているのでしょうか。トップMRが考えていることを盗み取り、それを自分に活かせば必ず営業成績が向上するようになります。

<関連記事>
営業成績が優れたトップMRとして活躍する秘訣
新薬の差別化や訪問規制が厳しいとき、MRの営業力が試される

当サイトでは以下のような人が対象です

このように、MRとして転職するときは注意点がたくさんあります。これらを理解したうえで転職活動を実践してみてください。

MRによって悩みが異なり、こうした悩みを解決する一つの手段として転職があります。このときの悩みとしては、例えば以下のようなものがあります。

・成長性の高い製薬会社で働きたい

・高年収を実現したい

・異業種まで視野にいれて転職をしたい

・勤務地限定を検討している

・どの転職サイトを活用すればいいのかわからない

製薬会社MRとしてどのように求人を探し、転職を実現すればいいのかについて、私の実体験を踏まえながら当サイト内で解説しています。これらを参考にしながら、あなたの目指すキャリアに沿った転職を実現してください。

このとき、転職サイト(転職エージェント)を利用すると転職での失敗を防げるようになります。

何度も転職を繰り返すことだけは避けなければいけません。転職回数の多い人を企業は受け入れてくれないからです。そうしたことからも、独自の力だけで転職活動を進めるのではなく、専門家の力を借りながらあなたに合った求人を探しましょう。

MR転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

MRが転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人で求人活動を進めた場合、頑張っても1~2社へのアプローチに終わってしまいます。さらに、自分だけで労働条件や年収、勤務地の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに依頼すれば、これまでの企業とのつながりから最適の求人を選択できるだけでなく、あなたに代わって年収や福利厚生を含めてすべての交渉を行ってくれます。

特に製薬業界の場合、情報を表に出せないので非公開求人となっていることがほとんどです。そのため、MRの転職では転職サイトの活用が必須です。

ただ、転職サイトによって「外資系に強い」「中小の求人が多い」など特徴が異なり、保有している会社の求人が違ってきます。そのため複数の転職サイトを利用する必要があります。

以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれ転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができるようになります。

注目の人気記事

・転職サイトを活用したMR転職の体験談

MRとして活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・営業成績が優れたトップMRとして活躍する秘訣

同じようにMRで働くのであれば、営業成績の高いトップMRとして活躍する方が良いです。トップMRの行動を真似すれば、大きな成果を出せるようになります。実際に2500人の中で1位の成績になったMRを取材したため、その内容を記します。

トップMRになる方法

・転職エージェントを活用し、MR転職で成功する

MR転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・MR転職サイトのお勧めランキング

MRの転職サイトはそれぞれ特徴があります。「35歳以下でしか応募できない」「MR経験者のみ応募可能」「MR未経験者でもOK」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング